エル・チャルテンの町をご紹介

今回の記事では、フィッツロイハイキングの拠点の街エル・チャルテンをご紹介します。と言ってもエル・チャルテンの町は小さいためシンプルです。メインストリートと思われるサン・マルティンストリート(Av. San Martin)だけ抑えておけば大丈夫です。ホテル・ホステルはその周辺にだいたいあります。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

レストラン

Googleマップを見ていただければわかるようにレストランはそれなりにあります。どこも美味しそうですが、パタゴニア地方はブエノスアイレスなどと比べると値段が高めに設定されているので、コスパはよくないです。私が訪れたレストラン2軒を紹介します。

Patagonia Rebelde

アルゼンチンのお肉を堪能することができます。

フィッツロイ登山口の近くですので、ハイキングが終わった後によって美味しいお肉とワインを楽しむのがオススメです。

写真のようなアルゼンチンでよくある焼き肉とワイン、ビールで3000ペソ(約6000円強)

Patagonia malbec bar y wafles

そんなに料理の種類はありませんが、美味しい料理を提供してくれます。

スタッフが2人いましたが、どちらかがアニメに詳しかったです。女性スタッフが美人でした!

下記写真の2品とビール、スムージーで2000ペソ(約4000円強)

旅行先別★クチコミランキングで海外ホテルを選ぶ!

パン屋

ホテルに朝食が付いている場合でも、赤いフィッツロイを見に行く場合など朝食を食べることができない出発前の栄養補給にパンがあるといいですね。

Que Rika

このパン屋はかなりオススメです。味もいいですが、値段の高いパタゴニア地方にあったかなり安くパンを手に入れることができます。

たしか1つ50ペソ(100円程度)以下だったと思います。(値段がけた違いに安くて聞き直しました。笑)

少し目立たない場所にありますが、バスターミナルから100mくらい進んだところにあります。

パン、サンドウィッチ、エンパナーダ、水などが購入できます。大きめのお水もありました。

隣のお店でワイン等も買えます。

Verde

宿泊したホテルにチラシが置いてありました。

サンドウィッチなどが売っています。安くはないですが、パタゴニアでは普通なのかな。

500ペソ(約1000円): (大きな)サンドウィッチ、果物、水

旅工房で最安値の航空券を見つけよう

タクシー

タクシーはバスターミナルのところに数台止まっています。

台数は十分にはありませんので、もしターミナルに止まっていなければタクシーが戻ってくるのを待つしかありません。

一目ではタクシーとわかりにくいですが、フロントガラスに「TAXI」という文字が見えればそれがタクシーです。

街のガイドマップに「TAXI Oxalis」というタクシー会社があると書いていました。(AM7 ~ AM2まで)

旅行先別★クチコミランキングで海外ホテルを選ぶ!

まとめ

  • エル・チャルテンの費用が掛かることはある程度覚悟しよう
  • パンを食べたいなら「Que Rika」がオススメ!!
  • レストランでは美味しいお肉がたべれます。
  • タクシーが十分にないので要注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました