クロアチア旅行: プリトヴィッツェ湖群国立公園を歩き倒す!

プリトヴィッツェ国立公園について記載します。
この旅行で一番行きたかったところです。上湖群と下湖群の両方歩いてきました。

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

いざプリトヴィッツェ国立公園へ

ホテルには14時くらい到着し、14:30くらいに公園入り口に到着です。

入場チケット

エントランス2にある3つのホテル(Plitvice Hotel / Jezera / Bellevue) 宿泊の人は1日券で翌日も入園できるとホテルのスタッフに聞いたので1日券を購入します。(110クーナ/人)

チェックインの時に、上の書いていることを確認しました。
2日目の朝(もしくは1日目の夕方)にチケットにスタンプか何か押してもらいました。
それを入り口で見せれば、すんなり入場できました。

チケット売り場は、入り口からちょっとだけ上にあるログハウスみたいなところですので注意が必要です。(本記事後半のマップで位置をご確認ください。)

園内マップ

入り口では、マップを購入しました。確か30クーナだった気がします。
このマップが必要だったかどうかは微妙です。
入り口やバス・ボート乗り場にある大きなマップを写真撮っておけば何とかなるのかなと。

マップ例

ボート乗り場

さてさて、入り口から公園内に入って少し下に降りるとボート乗り場になります。

マップ上では、P1のボート乗り場です。
基本的には、このP1からはP3とP2の2つの乗り場にボートが出ています。
下記の写真の向かいがP2です。
この日はP1からはP2までしか出ていなかったようです。
P3へはP2から出ているボートに乗ります。

P1のボート乗り場からの眺め。

上湖群散策

1日目は3時間くらいしかないこともあるので、上湖群の散策を行いました。
見どころが多いのは、下湖群です。

上湖群に行くために、まずはボートでP2地点に移動です。

上湖群の散策は楽しかったですが、凄く感動するような景色は少なかったかな。
綺麗なんですが、日本にもありそうな景色です。笑
でも、行ってよかったとは思ってます。気持ちの良い公園歩きができました。

上湖群でも水は綺麗でしたが、下に行けば行くほど、水の透明度が高くなるということなので下湖群散策がすごく楽しみです。

では、上湖群の景色をお楽しみください。

名前は忘れたけど、最初の方にあった滝。

上湖群もまずまずの透明度ですね。

上湖群はこういった落ち着いた景色が楽しめます。人も少ないので。

確か、上湖群の一番上側の湖。全然人もいなかったです。

3時間半くらい掛かって、上湖群を回ってきました。

夕食

初日の夕食は、ポリャナというホテルベルビュー隣のレストランで食べました。
地球の歩き方にも載っています。マスのグリルが有名みたいなので注文してみました。
あとは、リゾットとカツレツを注文してます。

どれも美味しかったです。
カツレツは想像していたのと違って、「こんなの頼んでないけど…」というとこれカツレツって言われて店員に困惑されました。笑

また、レストランはかなり空いています。オフシーズンだからかな。
10組弱くらいが食事をしていました。レストランの半分は使わない感じです。

下湖群

翌日は下湖群の散策です。前日に引き続き快晴でした。

どこかの小さな滝(?)。

一番大きい滝。朝だと逆光で写真を撮ると顔が暗くなりますね。

良くガイドブック等に載っている有名なポイント。

正直、これを見るためにプリトヴィッツェに来たと言っても過言ではないくらい見たかった風景です。
でも、このポイントがどこにあるのか最初わからなかったです。
これを撮るためには、洞窟(?)の上に出ていかないとだめです。
最初、全然気が付かなくて探しまくりました。
皆さん、訪れた際には注意してください。

ランチ

最後に、2日目のランチの紹介をします。
食べたところは、前日夕食を食べたポリャナの隣のフードコート?。
入り口は一緒で右手側に行けば「ポリャナ」。左手側に行けばフードコートみたいなところです。

おばちゃんにこんなに食べるのという顔をされました。 笑
確かに多いですね。。。
また、この後団体の予約があるらしく、早く食べるようにせかされました。美味しかったです。

入り口近くのマップ

最後にホテル周辺のマップを置いておきます。
ホテル プリトヴィッツェからは入り口近くまですぐなので便利です。

次回の記事は

プリトヴィッツェ湖群国立公園は、天気にも恵まれ、最高の一言でした。
そしてこの後、2時くらいのバスで首都ザグレブに向かいました。
もうすぐ、クロアチア旅行も終わりです。

ではまた。
たぬき王

コメント

タイトルとURLをコピーしました