カンクン旅行:カンクンでのお役立ち情報

恐らく、カンクン旅行の最後の記事になります。
カンクンで過ごす際のお役立ち情報として、両替、チップ、路線バスの乗り方、メキシコ(カンクンエリア)での英語通用度をご紹介したいと思います。

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

両替

両替所(Casa de Cambio)は街のいろいろなところにあります。Googleマップで「Casa de Cambio」と検索するとたくさん出てきますよ!
でも正直レートは全然よくないです。

私が訪れたGWでは、相場は1ドル19.00ペソ前後でしたが、両替所でのレートは17.60~18.00ペソでした。つまり、100ドル両替すると100ペソ以上相場よりも悪くなります。

一方で、ドルが使えるお店では1ドル18.50ペソ前後のレートが多かったので、極力両替所の利用は避けた方がいいかと思います。(お店のレートは各お店の入り口らへんに貼っていることが多かったです。)

支払いの順序としては以下がいいのではないかと思います。
クレジットカードで支払いを行う
ドルで支払いを行う
ペソで支払いを行う

ペソの獲得は、ドルが使えるお店で100ドル札で支払いをして、お釣りのペソをもらうこれががレート的にはいいと思います。

両替のレートは、その時の通貨の安定性などにもよると思いますので、カンクンに到着したら両替所のレートとお店でのレートを確認して、有利な方を使うといいと思います。

ホテルゾーンしかいない人はペソの現金はなくても困らないと思います。その代わりチップ用に1ドル札を多めに持っておく必要があります。

最短5分で予約!会員登録不要!海外航空券予約はskyticket.jp!

チップ

基本的にはなんでもチップが必要と考えておくのが無難です。
以下は私があげた金額です。これが正解なのかはわからないです。

  • レストラン: 総額の15%
  • ホテルでスーツケースを部屋まで運んでくれたサービス: 20ペソ(約120円)
  • オールインクルーシブのレストラン2人分(昼食): 50ペソ(約300円)
  • オールインクルーシブのレストラン2人分(夕食): 100ペソ(約600円)
  • オールインクルーシブのレストラン2人分(夕食フォーマル度高め): 10ドル(約1100円)
  • オールインクルーシブのプールサイドでのドリンク注文とデリバー: 20ペソ(約120円)
  • ベッドメイキング3泊分(最終日にまとめて): 100ペソ(600円)
  • シュノーケリングツアーのガイドに: 200ペソ(約1200円)
  • スーパーマーケットの袋詰めのサービス: 5ペソ(約30円)
  • ホテルのスパ2人分: 20ドル(約2200円)
  • 送迎サービス(ホテルゾーン→空港): 1ドル(約110円)

チップをあげてないケース
普通のタクシー, 路線バス, ADOバス

オールインクルーシブでないレストランで、クレジットカードで支払いをする際は、15%を上乗せして支払いました。

最初に一人でレストランで食事をした後に「チップはいくらにする?10%15%20%」と聞かれて相場をよく知らなかったので「10%で」というと、「なんか悪いことした?」みたいな顔で見られましたので、よほどサービスが悪いとかでない限りは15%がいいのかなと思います。

私たちは、飲み物(お酒)をそれぞれ1杯程度しか飲まないので、オールインクルーシブの際上記の金額しかチップを出していませんが、たくさん飲まれる方はその分増やしてあげるのが無難かと思います。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

英語通用度

来る前にイメージしていたのと異なり、多くの人が英語を話すことができます

英語でのコミュニケーションが難しそうな印象を持ったのは、ホテルゾーンでは、ベッドメイキングするスタッフくらいかと思います。ダウンタウンエリアのお店は英語は難しそうでした。

ホテルゾーンやプラヤデルカルメンのキンタアベニーダのホテルやレストランでは、こちらがスペイン語で話しかけても、英語で返ってくることがほとんどです。
スペイン語圏=英語ほぼ通じないと思ってましたが、かなり誤解していたように感じます。
カンクンはUSにも近いし、そんなわけないですね。

路線バスの乗り方

基本はバス停のようなところで待っておけば乗れます。
先払いですので、12ペソ支払って、領収書みたいなのをもらいましょう。

ミクロは、多分手をあげてアピールすれば停まってくれると思います。

参考(バス路線図):https://cancun.rutadirecta.com/

カンクンの海

GW時期は、非常に藻が多く発生しているそうです。
カンクンの海も藻はありましたが、プラヤ・デル・カルメンの海に比べるとまだギリギリ入れるレベルでした。
プラヤ・デル・カルメンの海は入るの不可能なレベルです。隙間なく藻がありました。

カンクンに来て、絶対海に入るという人は、イスラ・ムヘーレス島かコスメル島に滞在されるといいのではないかと思います。

まとめ

  • 両替所で両替はできる限りしないで、クレジットカードかお店でドル払いをする
  • チップは忘れずに渡す
  • ダウンタウンエリア以外は、ほとんど英語が通じる
  • 路線バスは先払い
  • 海に入りたい人は、イスラ・ムヘーレス島かコスメル島に行こう

コメント

タイトルとURLをコピーしました