セブパシフィックで行くセブ超短期留学①: 成田→セブ

GWはセブパシフィックを使ってセブに行ってきました。
海外には何度も行っているのですが、初めてLCCを使った海外です。

【今回の旅程】
行き :セブパシフィック【成田→セブ】(普通席)
帰り①:セブパシフィック【セブ→マニラ】(普通席)
帰り②:セブパシフィック【マニラ→成田】(普通席)

そもそもなぜLCCを使ったかというと、GWで高かったからです。それだけです。
と言っても、キャンペーンをつかっていないので、5万円オーバーとなり、そんなに安くない…。

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

今回の旅行で留意した点

初めてのLCCで海外に行くにあたって、気を付けたポイントは下記です。
1. 荷物
2. 座席
3. チェックイン
4. 機内での飲み物・食べ物
5. 出発時間・到着時間

それぞれメモ的に記載したいと思います。

荷物について

荷物を預けるかどうか悩んだのですが、1000円くらいアップで20kgまで預け入れることができるとのことだったので、予約時に申し込みをしておきました。
なので、当日はこの20kgを超えないように気を付けただけです。
といっても、荷物はそんなになかったので、ほぼノーケアですね。
実際、13kgくらいで全く問題なしでした。
ただ、隣の家族は荷物が2kgオーバーしているらしく支払いをしておりました。
噂通り厳しいですね。

座席

LCC=座席幅狭いなので、ここは追加料金を払って少しでも幅がある席を選びました。
予約時に見ると、多くの席が空いていたのですが、一番前の「1A」を選択しました。
写真を撮り忘れたのですが、幅自体は他の座席よりも広かったですが、注意点がありました。
1番前の座席だからすごく幅が広いのかと思っていたら、前に壁があって、思ったほど広くなかったです。
膝からの距離は結構ある(ANA/JAL等よりもあるかと思います)が、普通の席なら座席の下のスペースがないので、すごい楽かというとそうでもありません。
ここを選ぶ際はお気をつけ下さい。
といっても、全然足を組めるくらいの幅はあるので楽です。
足のスペースがないので、手荷物は上のスペースにしまう必要があると思いますが、特になにも言われなかったです。おいてもいいのかな。。。

スマホでできる2ヶ月間の短期集中トレーニング

チェックイン

LCCのチェックインカウンターは混んでいると言われているので、2時間半くらい前に成田空港に着くように行きました。
さらに、ウェブチェックインをするとすぐカウンターに行けると書かれているブログ等ありましたが、結構ウェブチェックイン済のカウンターも通常のカウンターと同じくらい人が並んで言いました。
とはいえ、写真の通りそんなに混んでなかったです。

常夏の楽園セブで<格安>語学留学
1週間55,200円から短期留学も可能!
フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

機内での飲み物・食べ物

LCCなので、これらは配られることはないので、水・軽食(お菓子)は購入していきました。
食事は乗る前に食べました。
4時間半のフライトなので、食べ物はなくてもいいですが、水分はないと厳しいです。
空港で必ず購入して機内に持ち込みましょう。

出発時間・到着時間

行きはほぼ時間どおりでした。
直行便は乗り継ぎの心配がないので気持ちの上で安心ですね。

到着後

セブ・マクタン空港についてからは、順調でした。
1番前の席ということもありますが、入国審査もほぼ1番でした。
その分荷物を待つのが長く感じましたが。

セブでの1週間は夢のように楽しかったです。
次は、帰国便について記載しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました